出会い系の童貞狩り人妻に筆おろししてもらった話

相手の性別年齢職業
女性48歳専業主婦
出会った場所利用サイト投稿日
鹿児島 鹿児島市ワクワクメール2021.05.16

アラフィフの気持ち悪い人妻だったが、童貞を捨てるためなら……

サバンナの大地で狩りをする牝ライオンは、草食動物なら何でも狙ってくるものだが、出会い系という名のサバンナには、童貞ばかり狙う牝ライオンがいる。

そう、童貞狩りだ。

彼女はアラフィフの人妻で、ワクワクメールに登録している童貞青年ばかりをねらって筆おろしをするのを人生の楽しみとしているようだ。

出会い系のプロフと見ていると、いかにも初体験を求めて出会い系に来ている風な男が散見される。

「僕、童貞です。よろしくお願いします」

「気持ちいい初体験をさせてくれるお姉さま募集」

僕もその一人で「筆おろし希望。相手は問わず」と書いた。

するとその童貞狩りの飢えた牝ライオンが飛びついてきた。

「アラフィフのおばあちゃんだけど、気持ちいいことさせてあげるわよ」

「ぜひお願いします」

送られてきた写真を見ると、どこか変わった雰囲気があって気持ち悪かったが、童貞を捨てられるなら相手は誰でもいい。

僕はその牝ライオンの餌になることを志願した。


挿入後90秒で射精……長い方だよ、君は

「童貞が好きなんですか?」

ホテルに移動する途中でそう聞いた。

「人生初めての女がこの私ってシチュエーションに感動するのよ。この年になるとね、女として見られることなんてまずないでしょ? ところが童貞君はね、お姉さまお姉さといってむしゃぶりついてくるのよ。それがたまんないの」

本当かよ、とその奇妙な童貞狩り人妻を腹の中で笑ったが、ホテルの妖しい部屋に入り、年の割に色っぽい白い裸体を見ると僕の理性は吹き飛び、ちんぽがぎんぎんになったのだ。

「ああ、お姉さんお姉さん……セックスしたいよ~」

気が付くとむしゃぶりついていた。

「ほら来た来た……私の言った通りでしょ?」

アラフィフでも女は女。ベッドで横たわっているのはまぎれもない女体であり、本物の生まんこである。

僕は無我夢中で女体をまさぐった。

挿入後90秒で射精。

「ごめんなさい」

「長い方だよ、君は」

「そうなんですか」

「先週エッチした童貞君はね、10秒で終わったわ」(笑)

童貞狩りは童貞の扱いに慣れている。

筆おろしをするなら童貞狩りの牝ライオン人妻に限る。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















出会い系の童貞狩り人妻に筆おろししてもらった話