貧乳女子とつき合って貧乳の魅力に目覚めた俺

相手の性別年齢職業
女性20代後半医療事務
出会った場所利用サイト投稿日
沖縄 那覇市YYC2021.10.19

Aカップの貧乳女子との初セックスのとき

俺は巨乳マニアで、今でも基本的にはその嗜好に変わりはないと思っているが、最近貧乳も好きになった。というか今は貧乳のほうが好きかもしれない。いわゆるマイブームというやつだ。

那覇市内の耳鼻咽喉科の医療事務をしている女とYYCで知り合ったのは先月のことだった。彫りの深い顔をしていて、どこかエキゾチックな雰囲気があり、俺の好みだったのでしつこいほどにメールを送ってデートの約束をとりつけた。

顔つきから胸はそう大きくない印象があったが、実は巨乳であることを期待していた。最低でもDカップは欲しいところだ。

だが会ってみるとほぼ平面に近い貧乳だった。

(おっぱいないじゃん)

だが顔が好みなのと、溌剌として好印象なのが貧乳を補い、そのまま交際に入った。

そして二週間後の初セックス。

彼女は一応胸を隠してベッドインしてきた。

隠す乳などないのに、隠した。

抱き寄せてキスしたらAカップレベルの貧乳が現れた。

薄い隆起に勃起した乳首が乗っていた。


自信のない胸をこよなく愛してあげる快感

「そんなに見ないで……自信ゼロだから」

「……」

「小さいと思ってるでしょ」

「……な、ことない」

「嘘だ……ぺちゃぱいだと思ってるでしょ」

会話が面倒な方向に流れそうだったので、俺はそのまま乳首に吸い付いた。するとビクッと反応して体を捻ったのである。

「あああんっ」

(すごい感度だ)

俺はそのまま舌先で乳首を転がした。すると気持ちよさそうに上半身をくねらせ、高い声で喘いだ。

(貧乳は感じやすいのか……)

自信がない胸だけど、触られたり吸われたりしたら強く感じてしまうところに彼女の女としての哀しさや歓びみたいなものを見出し、彼女の貧乳がいとおしくなった。

「ぺちゃぱいだなんて思ってないよ……可愛くて綺麗なおっぱいだ」

「ほ、本当?」

「うん」

自信のない、コンプレックスの固まりのような貧乳を愛する行為の中に、女を愛する男の原風景があった。強く感じてくれるのでなお嬉しい。

貧乳を感じやすくしたのは、神様の慈悲なのかもしれない。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















貧乳女子とつき合って貧乳の魅力に目覚めた俺